layout 染と織のやまざき WEB SITE layout
Purple Design Bar
layout
会 社 案 内
layout
社名・商号 合資会社染と織のやまざき
layout
代表社員  高柳良子
layout
運営責任者 小川五十鈴
layout
店鋪所在地 〒511-0073 三重県桑名市北寺町34
layout
連絡先 TEL: 0594-22-1377

FAX: 0594-22-4556

E-mail:

layout
【 沿 革 】

家帳

染と織のやまざき(山崎家)は、現在の長野市信更町高野(たかの)を発祥の地とし、信州新町の興禅寺が代々の菩提寺になっております。
興禅寺に残る禅家帳他、残された資料、系図には『山崎』の名が戦国時代になる北朝時代(永徳1380年頃)から室町時代、そして江戸時代を経て残っています。
なかでも江戸時代後期の宝暦の頃には当時の家長『山崎三左エ門』が名主の役に就いていたこと、寛政から嘉永の頃(1800年〜1850年)には『山崎文右エ門』が松本城下にて商い(法衣類・呉服)を営んでいたことが資料に記されています。
layout
その後、明治、大正、昭和と、家業を松本に加えて東京にも事業所の拠点をおいて商いを広めましたが、当時の家長『山崎宮内』が若くして病で亡くなった(昭和4年)後はやむなく商いも縮小に至りました。
後に高野・松本と、母方の実家であった桑名とを家族で行き来しているうちに桑名に移り住むことになります。
layout
時代は太平洋戦争という難しい時代を経て、山崎宮内の長男である山崎一雄が出兵後に終戦。
世の中の治まりもあって、桑名の地で代々の家業の一つである呉服に関係する染物店を始め、昭和36年に現在の会社組織の前身である「山崎商店」を経て「染と織のやまざき」を設立、後に京都に染工房も併設し現在に至っております。
layout
振り返れば創業180有余年にもなります。
今後も日本の文化に欠かせない『きもの』を、時代時代に合わせて皆様にご提供させていただいてまいります。
layout
ショッピングサイト
トップページ | 悉 皆 | やまざき好み | 和服保存 | 和服相談室 | ごあんない
spacer Copy Mark 染と織のやまざき Copy Rights spacer